風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

上限金利引下げへ、法体系見直し?

 昨日の東京新聞に、多重債務者200万人「金融庁対策へ本腰」という記事が出ていた。予備軍を入れたら、相当な数だろうし、年間3万人以上の自殺者の中には、経済的な理由で自らの命を絶つ中高年も多いと聞く。大体、出資法の上限利息(年29%)と利息制限法の利息(年15%〜20%)の間のグレーゾーンが問題って言われても、そもそも、利息に法律が二つあること自体、素人には理解できない。
 やっと事の重大性に対し、金融庁が法体系の整備に重い腰をあげたっていうことだから、是非上限金利の引き下げを進めてもらいたいですね。業者団体は、こうした動きに「上限金利を引き下げれば、借りられない人が増える。違法な超高金利のヤミ金融に手を出してしまう人も多くなる」って言うんだけど、そもそも、貸す、貸さないは業者の判断。何だか「金利が高いからこそ返済不能の人が増えて、財産を差し押さえられるのに、それが出来なくなるじゃないか」と聞こえてしまうのは、私だけ?
 最近では、テレビで大量にタレ流されるサラ金CMも、返済を迫るというか、返済についての内容が増えてきた気がする。まぁ、自民党に政治献金して、上限金利の引き上げを迫っているっていうことだから、何はともあれ我々庶民は、成り行きに注目したいですね。

 同じ、東京新聞のコラムで作家の半藤一利氏が、こんな江戸小話を紹介してた。

 「ある夜のこと、色黒の痩せた貧乏神が天井から落ちてきた。ひっつかまえて、さんざん殴りつけると、奴メはこうぬかした。『あんまり傷め給うな。俺ばかりではない。多数の仲間が天井裏にいる。それで押し合いへし合いして落ちたものなり』」

 これを見て、我が家の天井裏もさぞかし騒がしいんだろうと思ったりしたのだ。
[PR]
by ende_m | 2006-03-03 16:40 | 日記