風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

赤い靴

 先日、ネットでいろんなところを見てたら、ひょんなところで、童謡赤い靴のきみちゃんの記事というか、サイトにぶつかった。

 昔聞いたことがあるような、ないような話だったけど、麻布十番商店街組合の話を見て、事実関係がはっきりしました。

 時代が時代だし、貧しいだけで子どもが犠牲になる時代。でも、今の「豊か」といわれる時代でも、昨今の嫌なニュースを見るたびに、大人の愛情が感じられない無い分、今の方が「子ども受難の時代」に思える。

 その上、戦争なんて人災が起これば、真っ先に子どもが犠牲になるんだろうと思うと、未来というか将来に対する大人の責任って大きいとつくずく思ったのでした。

 競争は、人から思いやりをそぎ落とし、戦争は、人から理性をそぎ落とす。by ende なんちゃってね。

赤い靴の女の子きみちゃん

 誰もが知っている野口雨情の「赤い靴」。この童謡は大正10年に書かれ翌11年に本居長世が作曲したものです。

 女の子の名は「岩崎きみ」。明治35年7月15日,日本平の麓,静岡県旧不二見村(現在の清水市宮加三)で生まれました。
  
 きみちゃんは赤ちゃんの時,いろいろな事情で母親「岩崎かよ」に連れられて北海道に渡ります。母親に再婚の話がもちあがり,かよは夫の鈴木志郎と開拓農場に入植することになります。

 当時の開拓地の想像を絶する厳しさから,かよはやむなく三歳のきみちゃんをアメリカ人宣教師チャールズ・ヒュエット夫妻の養女に出します。かよと鈴木志郎は開拓農場で懸命に働きますが,静岡から呼んだかよの弟「辰蔵」を過酷な労働の中で亡くし,また,開拓小屋の火事など努力の甲斐なく失意のうち札幌に引き上げます。
  
 夫志郎は北鳴新報という小さな新聞社に職を見つけ,同じ頃この新聞社に勤めていた野口雨情と親交を持つようになります。かよは世間話のつれづれに,自分のお腹を痛めた女の子を外人の養女に出したことを話したのでしょう。

「きみちゃんはアメリカできっと幸せに暮らしていますよ」。
 こんな会話の中で,詩人野口雨情の脳裏に赤い靴の女の子のイメージが刻まれ,「赤い靴」の詩が生まれたのです。

 後年,母かよは
「雨情さんがきみちゃんのことを詩にしてくれたんだよ」とつぶやきながら,「赤い靴はいていた女の子・・・・」とよく歌っていたそうです。その歌声はどこか心からの後悔と悲しみに満ちていたのです。

 ところが赤い靴の女の子は異人さんに連れられていかなかったのです。

 母かよは,死ぬまできみちゃんはヒュエット夫妻とアメリカに渡り,幸せに元気に暮らしていると信じていました。

 しかし,意外な事実が分かったのです。

 きみちゃんは船に乗らなかったのです。ヒュエット夫妻が任務を終え帰国しようとしたとき,きみちゃんは不幸にも当時不治の病といわれた結核におかされ,身体の衰弱もひどく長旅ができず,東京のメソジスト系教会の孤児院に預けられたのです。
   
 薬石の効無く,一人寂しく幸薄い九歳の生涯を閉じたのは,明治44年9月15日の夜でした。

 きみちゃんの亡くなった孤児院,それは明治10年から大正12年まで赤坂永坂にあった鳥居坂教会の孤児院でした。
  
 今,十番稲荷神社のあるところ,旧永坂町50番地にあったこの孤児院は女子の孤児を収容する孤女院として「麻布区史」にも書かれています。

 三歳で母かよと別れ,六歳で育ての親ヒュエット夫妻とも別れたきみちゃんは,ただひとり看取る人もいない古い木造の建物の二階の片隅で病魔と闘い続けました。

 熱にうなされ,母かよの名を呼んだこともあったでしょう。温かい母の胸にすがりたかったでしょう。
 それもできないまま,秋の夜,きみちゃんは幸薄い九歳の生涯を閉じました。母かよがきみちゃんの幸せを信じて亡くなったであろうことが,ただ救いでした。

 この街,麻布十番に眠ったきみちゃんを思うとき,赤い靴の女の子「きみちゃん」の心安らかなことを祈り,今,私たちの幸せを心から喜び感謝しなければならないと思います。
  
 母と子の愛の絆をこの「きみちゃん」の像に託し,みなさまの幸せを祈って,平成元年2月,麻布十番商店街はパティオ十番に「きみちゃん」の像を建てました。   
                                          麻布十番商店街振興組合
[PR]
by ende_m | 2006-06-17 10:44 | 日記