風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年 03月 17日 ( 1 )

 3月15日の集中回答日を迎え、大手企業を中心に春闘の賃上げ回答が出されている。
 注目はやはりトヨタの回答だが、最後までベアを認めない会社と労使協調を優先させた労組との間での、灰色決着ともいうべき解決だったようだ。1000円のベアを、賃金格差を埋める原資にあてるそうだが、そもそも3年連続で、1兆円の利益をあげ、GMを抜いて世界一に躍り出ようとする企業なんだから、ベアゼロだった5年分の5000円以上の賃上げがあってもおかしくないし、賃金相場に与える影響が大きいだけに、僕らは、とにかく「満額回答が出たんだ」と受け取っておくかと思ったりしている。しかし、それを聞いたニッサンがニンマリして、ホンダがそんなんだったらうちは600円がいいとこかね。なんてのが実情じゃないかと思ったりするんだよね。
 東京新聞で、「脈々と続く労使協調の“DNA”が、最終的な合意へ導いた」なんて皮肉られてることもわからないんだろう。

 新聞の論調も、正規、非正規雇用の格差の是正、中小企業の賃上げを今後の課題としている。全くその通りだと思う。そこで、これまたトヨタ首脳が「本当の格差是正は上にいる者が我慢することだ」と口にしていることだ。これもまた、見逃すことはできない。要するに、賃上げすれば、下請けにも賃上げ圧力がかかり、下請け経営を圧迫するというのだ。ちょっとまって頂戴、そりゃ論理のすり替えでしょう。それじゃ、下請けの賃金が上がるとコストがかかるので、本体は我慢しようってことですか?上が上がらなきゃ下も上がらないというのは、世の常ですよ。下を押さえるために、上を押さえるんですね。
 よその会社のことをとやかく言いたくないけど、今春闘の世間相場をリードする企業だということを労使とも、もっと自覚して欲しいと思う。自覚してるから、こんな発言が飛び出すんですかね。

 格差が広がる中で、正規と非正規の賃金格差を早いとこ埋めないと、古臭い労使協調主義は孤立していくし、誰からも支持されないだろう。そのときになって、企業も国も誰もが助けてくれないと思う。だって、随分前から、経団連自体が「21世紀の日本的経営」を推し進め、非正規雇用を拡大し、労使協調すら破壊してきたからだ。春先だけ、労使協調の“にんじん”をぶら下げられてもな~って思うんだけどね。
[PR]
by ende_m | 2006-03-17 20:55 | 労働組合