風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:日記( 34 )

雲の上の空騒ぎ

 昨年、文化庁の要請で芸能実演家団体協議会(芸団協)が行った「アニメーターの活動実態調査アンケート」についてエントリーしたけど、今回はその続編。

続きを見る
[PR]
by ende_m | 2006-02-07 14:03 | 日記

敗れる前に目覚めよ

 「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩ということを軽んじすぎた。…本当の進歩を忘れていた。敗れて目覚める、それ以外に日本がどうして救われるか。今目覚めずしていつ救われるか。俺(おれ)たちはその先導になるのだ。まさに本望じゃないか」

 これは、生還の見込みのない特攻攻撃を行った、戦艦大和臼淵大尉の言葉だそうです。この臼淵大尉の言葉を引用し「継承されない先人の教訓」をテーマに、東京新聞が2月5日朝刊で敗れる前に目覚めよという社説を書いてます。

 去年のNHK問題を契機に、朝日新聞は体制側に取り込まれたのではないかという話を聞き、その辺を注意しながらしばらく長年の読者として付き合っていたのですが、昨年暮れ購読を止めました。
 新聞を含めメディアは、権力に対峙することが基本だと思うからです。これは、一読者の感想であり客観的に判断したつもりですが、主観的な判断だと言われればそれまでのことです。

 でもこういう記事に出会うと、幻想は持てないけど、まだまだ、メディアも捨てたもんじゃないなって思ったりしますね。
[PR]
by ende_m | 2006-02-05 23:14 | 日記

賛否両論の中YAMATOを作る

f0002751_10322979.jpg

 映画 『男たちのYAMATO』が大ヒットしている。東映にとっては『北の零年』以来の久々のヒットだという。まだ、見てないので内容についてはわからないけど、多くのブログや映画評論を見る限り、反戦映画であるとか、戦争賛美とか、どうも評価が二分されている。特に、海外の評価は昨今の政府の歴史認識問題と絡めて手厳しいね。「そんなこと言う前に、見ろよ」と突っ込まれそうだけど、今日は、その事が主旨ではないのだ。

続きを読む
[PR]
by ende_m | 2006-02-02 01:49 | 日記

近所の中華屋さん

f0002751_2275546.jpg

上の写真ですが、娘と近くの中華屋さんに行ったとき、あまりの寒さにタンメンと熱燗を頼んだら、出てきた熱燗が何とこんな状態で出てきたので、思わず写真に収めたものです。何か自分にピッタリだし、ちょっと親近感を覚えた。当然徳利で出てくると思ったんだけど、コップなので赦した。
[PR]
by ende_m | 2006-01-20 22:09 | 日記
f0002751_2545847.jpg

 きのう、東京都労働委員会の労働者側委員の井川昌之氏の送別会に行ってきた。争議団の数ほど、人は一杯いる。5期10年の間の、東電や沖電気、日航など、80件あまりの労働争議にかかわった人だ。その元争議団が詰め掛けていた。本当にみんながお世話になった人だ。
 昨今、労働争議が頻発しているし、何時自分たちが争議団になるかわからない情勢だ。
 井川さん、本当にごくろうさんでした。第二の人生を頑張って下さい。

f0002751_36076.jpg
おろ?あんなところに、緒方靖夫(敬称略呼び捨て御免)が、なんだか談笑してるぞ。
あくまで、このブログは、共産党の支援サイトではないからね。なんて気をつかいつつ、沖電気の争議団の息子が、今年ロッテに入団するのを、うれしそうに語っていたお父さんが印象的だったね。

さて来年はどんな年になるのやら。
[PR]
by ende_m | 2005-12-23 03:18 | 日記
 映画人が何故9条にこだわるかという記事を書く前に、とにかくこれを書いとこうっと。
 ブログを初めてこの2ヵ月、それまでも含めて色んなサイトにお邪魔した。感想は、若い人は頑張ってるなぁ~。ってのが感想だった。だから、ついつい応援したくなっちゃったりして、コメントしたりしするんだね。そのうち、自分でもやってみるかね。って思って、立ち上げてみた。もともと、日記だし、アクセス数も気にしないで始めたので、振り返るとなんだか説教くさい記事が多いね。だけど、微力だけど何か発信したいし、日々の想いを記録しとこうって思う、おじさん、おばさんは、これから増えると思う。何か注意点や気をつけなきゃいけないことなんかあったらなぁ~、と思ってこの記事をエントリーしとこうと思ったのですよ。そんなの、本読んで出直せとか、知識を持ってから立ち上げろ!とか言うのは無しね。
 因みに、トラックバックのやり方もわからんで、始めたんで、関係ない記事にトラックバックしたり、どのくらいのセキュリティーでやってるのか、タグ言語もわからんのにソース開けちゃったり、殆んど不審者だし、RSSについても、こんなブログでも万が一RSSでチェックしている人がいたら、とんでもない話だしね。一応セキュリティーは、ノートンの最新版を入れてます。もちろんアクセス解析も最近知りました。あらし対策はいろいろあるけど、初心者はどの程度のセキュリティーがいいのかも含めて、どうなんだろうね。
 五分で立ち上がるブログだから、いろんな人が出てくるし、匿名性だし、そんな手の内を明かせるかいって思う人が大半かもしれない。例えば、アクセスはこのくらいでこの程度のセキュリティーが必要とか、この程度上がればこれぐらいとか、荒らしにあったら、最低この程度は必要でしょうとかね。あと、不安に思う人は、ここに相談すると良いのでは、という情報でもいいんです。今のところ、私はこの間知り合ったというか、探したITで闘う FIGHT-WEBさんしか少なくとも知らなかったし、ニッパチさんにこんなこと聞くのも悪いというか、恥ずかしいし。そういうことなら、本読むより、これこそネットの良さなんじゃないかと思ったんですよ。ネットに詳しい若い人で、頑張ってる人は、結構オヤジ被害も多いんだと思うしね。最低限のルールとマナーも必要だと思うんです。ブログは怖いって思うのも逆効果だしね。今まで、ご迷惑をかけたかもしれない方々、ついでにこの場をかりてお詫びしときます。
 特に、政治的発言をする人のセキュリティーについての考え方って大事になってくると思うんだな。ブロガー400万分の1の人間が考えることでもないかも知れないけどね。あまりに、無防備であれば、出直すかとも思ってるんですね。
[PR]
by ende_m | 2005-12-20 20:20 | 日記

削除について

この間、検索を見た知り合いが、「何だか終わった問題を蒸し返してるみたいな印象があるよ」というので、日活のところをを削除しました。ほっとこうかとも思ったんですが、別にそこに目的があるわけじゃないし、個人のブログ程度で迷惑をかけてもなぁ~と思い削除しました。ネットって難しいと思いました。映画人の憲法への想いの続きを早く書きたいと思っているけど、パソコンの調子がいまいちなので、いつになるやら。
[PR]
by ende_m | 2005-12-20 00:28 | 日記

PCの調子が…

この間から、PCの調子が悪いんです。少し更新が遅れるかもですね。特に、アウトルックがおかしくなってます。結構古いの使ってますから。ウイルスかと思ったんですけど、ノートンでチェックも、問題ないみたいだし。長い目で見てやってください。

追記:原因が判明した。最近、デジタル放送見たさに、ケーブルに回線を一本化したための不具合だったんだね。メールアドレスを変更すれば解決するだろうけど、考えどころだな~。
[PR]
by ende_m | 2005-12-19 13:02 | 日記

企業倫理について思う

 今回の耐震構造偽造による欠陥マンションの問題については、様々なブログで語られている。ここでは、少し視点を変えて、企業犯罪に対するチェック体制と企業倫理について、考えてみようと思う。

 先日の朝日新聞にも報道されていたが、第162回通常国会で成立した「新会社法」について、11月28日法務省は、12月28日までの期間で、この「新会社法」の法務省令に対するパブリックコメントの募集を開始した。これは、来年の施行を前に、法務省に委任された11項目についての、意見募集という形になるのだそうだ。成立された新会社法については、書店やインターネットで調べられるので、ここでは触れないが、この、概要を見て「あれっ?大丈夫か」と思うところがあった。

続きを見る
[PR]
by ende_m | 2005-12-02 13:51 | 日記
 11月30日、やっと2005年度版「芸能実演家・スタッフの生活実態調査」が、芸団協の公式サイトで発表された。芸能家・スタッフの生活実態調査は、5年に一度、芸団協独自の取り組みとして行われてきたが、今回、初めて文化庁の予算がつけられたことで、公式な調査といえるものになった。
 11月1日にプレスリリースされ、2日に芸能花伝舎で説明会が行われていたが、概要について、一般が見られるようになったのは、30日からということになる。
 今回の調査の中で、公的に初めてアニメーションスタッフの実態調査が行われたことで、10月31日の読売11月1日のしんぶん赤旗にも取り上げられていた。

 世界中から注目を集め、コンテンツ輸出産業として期待される日本のアニメだが、それを支えるスタッフの生活実態は悲惨なものだし、この実態を放置しとくならば、日本のアニメ文化は衰退するだろう。産業構造そのものの問題だ。
 このことについては、また後日、エントリーしたいと思う。
[PR]
by ende_m | 2005-12-01 11:42 | 日記