風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:雑感( 5 )

 今から3ヶ月前、政府の諮問機関であるデジタル・コンテンツ専門調査会による「デジタルコンテンツの振興戦略(案)」を紹介した クリエーター大国の実現ですか?というエントリーをしたんだけど、6月8日に、内閣府の知的財産戦略本部による「知的財産推進計画2006(H18.6.8)」が発表されていた事に、忙しさもあって全然気が付かなかった。

 それにしても、この知的財産戦略本部の構成メンバーは凄いね。小泉首相を本部長に、安部官房長官が副本部長だし、各大臣オールキャストの小泉内閣総出演といった陣容だ。これからの、日本の産業を考える上からも総力を挙げていることが伺える。

 で、この知的財産推進計画2006なんだけど、全ての知的財産を網羅しているので、映像はもちろんのこと、ネット関連、食文化、ファッション関連も含んでいるもんだから、全部で154ページもあるし、別冊参考資料や、結果概要、団体からの意見、個人からの意見、議事録なんかもあるから、ものすごい膨大な量になる。ツッコミどころも満載なんだけど、かなり真面目な話しだし、結構面白いと思うので、暇な人は一読をお勧めします。

 前回のエントリーでは、アニメ産業について、せめて現場の労働者が食えるシステムにしなければ、コンテンツを生み出す活力もなくなるし、将来海外に売るコンテンツそのものが無くなっていくという危機感を背景にしていた。その点を重点的に検証したいと思う。

 この「知的財産推進計画2006」は、総論、重点編、本編、成果編、付属資料という構成だが、ここでは、前回のエントリーとの関係で、第4章「コンテンツをいかした文化創造国家づくり」の、2.クリエーター大国を実現するっていうところに注目したい。
 
 最低賃金以下の収入で、メシも食えないアニメ労働者を、政府はどう考えているのか?興味のあるところだからね。

1)コンテンツ業界における関係者の共通理解に基づく契約慣行の改善や透明化に向けた取り組みを奨励・支援するため、映画、音楽配信、アニメ、ゲームソフトなどのコンテンツ業界における業界構造や契約・流通の慣行などについて2006年度も引き続き、実態を調査し、公表する。(経済産業省) 
 えっ!ってことは、実態を掴んでないし、わからないってことですか!まぁ、経済産業省は正直に告白しちゃってるんだけど、これは良いでしょう。許す。しょうがない。知らないんだから。むしろ、知りたいと思ってますって聞こえますから。

産業的に考えるなら問題は、次だと思う。

2)2006年度も引き続き、個人クリエーターの自主的な組織作りを奨励するとともに、クリエーターに不利にならない契約慣行や事故災害補償の在り方などの活動環境づくりに向けた検討を行い、必要に応じ所要の措置を講ずる。(厚生労働省、文部科学省)

 つまり、政府としては、アニメ労働者による共同組合、例えば「アニメ作家協会」のような協同組合があれば、業界団体(日本動画協会しかないけど)との調整を買ってでましょうって言ってるんだね。アニメーターの著作権や、最低単価、社会保険制度についても間に入る姿勢はあるようだ。

 ただ、悲しいかな日本には、アニメーターの協同組合なり、業界を代表する団体は無い。文化団体はあるかもしれないし、労働組合はその任ではないしね。

 例えば、著名なアニメ作家の人が呼びかけ人になって、アニメ業界の団体を作り、対政府交渉や業界団体との一定のルールを作ることができれば、日本のアニメ産業は一変するし、将来のクリエーター育成にも道が開けると思う。
 むしろ、働く側、こちら側の問題ということが、はっきりしてきたのではないかと思う。

 笛吹けど踊らずじゃないし、誰かがやってくれるわけでもない。自らの問題としてアニメーター自身が立ち上がらなけりゃ、一生隷属されたままだと思うのだ。

 因みに、法的には「職務発明」についての法改正があったと自慢してたけど、むしろ「職務著作」について、調査研究し保護すべきだと思う。

 あと、弁護士や弁理士もたりないんだろうけど、このままでは、守るべきコンテンツがスカスカになっちゃうよ。クオリテーの劣化も含めてね、ってことをまず理解しといてくださいね。思いつきや企画さえあれば、作品が出来上がってくると思ったら、大間違いなんだから。

 余談だけど、「世界にストリートファッションを紹介する」(経済産業省、国土交通省)ってのも、「へ~っ!」って思ったんだけど、「外国人マンガ家を顕彰する」(外務省)ってのがあって、麻生さんいくらマンガ好きだからって、外国人漫画家を顕彰する前に、国内の一枚187円で、一月500枚で生活しているアニメーターや、1カット4000円の原画マンを、早いとこ救ってくださいって強く思ったのだ。

お気楽な第14回知的財産戦略本部議事録もどうぞ

 キーワードは、「黄色い朝顔」と「ダビンチコードの海賊版」「マンションドアの認証システム」でしょうかね。
[PR]
by ende_m | 2006-07-07 00:06 | 雑感

格差社会が止まらない!

 「格差社会について考える」というエントリーを書こうと思って、このくそ忙しい日常の中で色々調べてみた。格差社会を考える上では、やっぱり派遣労働者の問題は避けて通れないし、今年の7月で、労働者派遣法が施行されて20年になるしね。当初14万人の派遣労働者は、今や230万人。
 当初の専門職という枠組みも何処へやら、企業にとっての雇用の安全弁としての役割が全面展開されている。派遣労働者についての、詳しいエントリーはもう少し後にして(ご勘弁!)、調べている中で、こんなことまで想定していたのっていう面白い事を見つけたので、とりあえず報告しときますね。

 それは、「労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分基準の具体化、明確化についての考え方」昭和61年4月17日労働省告示37号という、労働省の小難し手引きなんだけど、要するに請負契約と派遣事業についての考え方を、事例をもとに具体的に解説してあるものと理解しとけばいい程度の話です。
 そこには、具体的判断基準が、「医療の場合はこうですよ、製造業の場合はこうしなさい」とかこと細かに書いてあるんだけど、そこに、読んで思わずビックリしたのが「バンケットサービスの場合」というのがあって、こう書かれている。

 業務に従事するバンケットコンパニオンの決定についてはホテル等による指名や面接選考等を行わずバンケット業者自らが行うこと。また、同一の宴席におけるバンケットサービスを複数のバンケット業者が請け負う場合には、異なるバンケット業者のバンケットコンパニオンが共同して1つのサービスを実施することのないよう、あらかじめ各バンケット業者が担当するテーブルやサービス内容を明確に区分していること。

 あらら、なんで、ここだけ、こんなに具体的なのかしら。具体的といいつつ、お役所言葉で全体的には抽象的に薄めてるという印象を持ったんだけど、その中で、なぜかやたら具体的なオーラを発してましたね。派遣労働者と請負については、偽装請負問題なんかがあってやたらあいまいなんだけど、ここは非常に具体的なんだな。それは、揉め事があったからこそ、具体的になったと考えざるをえない。

 その具体的な揉め事を想像するに、パーティーを主催する側が、ホテル側に「いやぁ〜、今回は、きれいどころを揃えてくれんかね」「ほれ、この間のあの娘なんかも呼んでくれると助かるんだけど」なんて、ことを安易に業者に発注しちゃダメですよ。って釘を刺してる感じがすることと、パーティーに複数の業者を入れちゃって、大揉めに揉めたことがあったことが想像される。僕らは、パーティーとか身近ではないけど、立法にかかわる人たちにとっては日常茶目仕事じゃなくって、日常茶飯事なんだろうね。

 まぁ、派遣労働者については、派遣元が人選する人について、派遣先は文句を言ってはいけないし、まして、派遣先が面接なんてやってはいけないんです。
 最初この事例を見たとき、パーティーのコンパニオンでは無くて、温泉街のコンパニオンを客が指名すると、派遣法違反になる事例なのかと思ったのでした。
[PR]
by ende_m | 2006-06-16 01:30 | 雑感
 忙しいし、管理さえままならないブログなので、世の中の動きに即応できなくなっています。ただ、短期的な問題や中長期の問題、ちょっと長いスパンで見た問題など、切り口はいろいろあるし、今起こっている目前の問題などは、他所での「場」が一杯あるしね。
 たまにしか書けなくなっていることを前提に、あえて今の事象の背景にある問題などについて、時間が取れるときに、自由気儘に書き綴るのも良いかなと思ってるのです。
 別に、社会的使命を背負って始めた訳でもないし、自分のお庭なんでね。しばらくは、一つのテーマに絞って、不定期に書いてみようと思うのですね。
 ということで、今回は、格差社会について考えてみます。「格差社会について、その目的は?」なんていう大上段に構えた議論もあるけど、そういう論理の立て方はしません。
 少し前の、5月14日の東京新聞に「格差社会をどうする」という社説が載っていました。リンク切れになると、このエントリー自体が成立しなくなるので、長いけど、取りあえず引用しときます。

《引用開始》
週のはじめに考える 格差社会をどうする
 格差社会への批判が広がっています。格差をなくす。これは人々がずっと、挑戦してきた課題でした。そのために、政府はどんな方策をとるべきでしょうか。
 格差是正は、いまに始まった話ではありません。いわば近代国家が成立して以来の大テーマといってもいいほどです。たとえば約百六十年前、カール・マルクスの一連の著作に始まる共産主義もそうでした。
 すべての労働者が自分の能力に応じて働き、格差のない公平な社会をつくる。それが理想だったのですが、結果は旧ソ連にみられる通り、非効率な政府がいびつなほど巨大に増殖し、最後は原発事故も引き金になって崩壊してしまいました。

■洋の東西で重要課題に

 共産主義を含めて、人々が政府に期待する役割の一つは、いまも昔も「公平で公正な社会」の実現です。最近、会った中堅の自民党衆院議員がつぶやいた一言が、問題の重さを如実に物語っています。
 「格差是正。これはわれわれの魂に触れる課題なんだ。自民党の存在意義にかかわるといってもいい」
 自民党が格差是正とは、いまや意外に聞こえるかもしれませんね。でも、農村の生活水準改善に最も熱心な政党が従来の自民党だったことを思い出せば、納得できるでしょう。格差是正は洋の東西を問わず、あらゆる政治勢力が取り組んできた課題なのです。
 残念ながら「平等な所得」や「結果の公平」を完全に実現した国はなく、うまい処方せんもまだ見つかっていないのですが、それでも「政府の役割」について共通理解は次第に形成されてきました。
 一つは低所得でも安心して生きていけるように、高所得者から低所得者への所得再分配です。高所得であるほど税率を高くする累進所得税や財政力の弱い地方自治体に政府が税財源を再分配する地方交付税が、そうした機能を担っています。

■「老後の不安」にも直結

 現行の所得再分配は改善の余地があるとはいえ、曲がりなりにも確立されているのに、人々がいま格差拡大の実感を抱く理由の一つは「老後の不安」と直結しているからではないでしょうか。増加する非正規雇用が、それを象徴しています。
 パートやアルバイトはもちろん、契約社員や派遣労働者の中にも年金などの社会保険に未加入の人が少なくありません。こうした非正規雇用は二〇〇五年に千六百三十三万人を数え、前年に比べて六十九万人も増えました。雇用者全体(役員を除く)の約三分の一、うち女性では半数以上を占めています。
 給料はというと、正社員の四百五十三万円に対して、派遣は二百十三万円、パートは百十万円(〇四年)という試算もあります。
 もともと給料が多くないうえ、年金も未加入で将来不安が募る。そうした人々が増えている現実を見れば、政府は所得再分配のあり方を見直す必要もありそうです。
 とくに国民年金。未納者は四割に迫る勢いで「すでに破たんしている」という見方もあります。「加入者が払った保険料で自分の保険金を負担する」という制度の基本が崩れているなら「国民の税金で福祉サービスを提供する」財政の制度に抜本的に衣替えして、再分配の効果を高めるのも一つの方策です。
 「年金保険料の徴収をやめ消費税を増税する。その代わり、最低限の老後は保障する」という考え方は、一考に値すると思います。
 「そもそも少ない給料が問題だ」という意見もあるでしょう。でも、政府が法で定める最低賃金を無理やり高くすれば、失業率が高くなったり、低賃金でも働けない問題が生じます。むしろ、一定期間を過ぎれば非正規雇用から正規雇用への転換を促す制度を充実する、といった方策が考えられます。
 もう一つ、政府の役割で重要なのは「機会の平等」を徹底することです。金持ちの子供だけしか、いい教育機会に恵まれず、したがって、低所得者の子供はずっと低所得にとどまる。人々の不安は格差そのものより、そんな格差の固定化に真の理由があるかもしれません。
 ここでは、公立学校の教育を充実し、就職や転職、さらには能力に応じて働ける窓口を広げていく努力が必要です。政府は率先して公務員の中途採用や民間からの登用枠を大幅に拡大してはどうでしょうか。
 政府の人事採用をみていると、キャリアとノンキャリアの区別や特定大学出身者の偏重など「政府自身が機会の平等を否定して、格差を過度に固定化しているのではないか」と思えてなりません。

■成長なくして是正なし

 そして、経済の安定成長。企業が伸びるときには、パートやアルバイトだけでなく高い士気をもって中核業務に励む正社員も増やします。
 成長なくして格差是正は進まない。逆に、格差が広がる一方なら、社会の安定性と貴重な労働の潜在能力が失われ、ひいては成長も望めません。成長と格差是正は「車の両輪」です。

《引用終わり》

 と、ここでまず引っかかったのは…
 給料はというと、正社員の四百五十三万円に対して、派遣は二百十三万円、パートは百十万円(〇四年)という試算もあります。というところと、「そもそも少ない給料が問題だ」という意見もあるでしょう。でも、政府が法で定める最低賃金を無理やり高くすれば、失業率が高くなったり、低賃金でも働けない問題が生じます。むしろ、一定期間を過ぎれば非正規雇用から正規雇用への転換を促す制度を充実する、といった方策が考えられます。
…というくだりです。

 賃金については、派遣労働者は正規雇用労働者の半分、パートについては四分の一という実態であるということですよね。その上で、最低賃金の引き上げを失業率の増加に結びつけ、低賃金でも働けなくなってしまう環境が生まれると一刀両断し、非正規雇用から正規雇用への転換を即す制度の充実なんて論理は、机上の空論であり、誤魔化しでしかありえません。だって、最低賃金以下の労働者を無くすために正規労働者を増やす企業なんて、あるわけがないからです。それとも、政府による労働法制の充実、縛りのことなのでしょうか?それであれば、大歓迎なのですが…。労働者派遣法でさえ守られていない実態が云々って……これは、長くなるので今度にします。
 
 正規と非正規の賃金格差については、 あれれ、そんなに差があるのか?同じ仕事をしていて半分の給料じゃ辛いわなぁ。という思いと、そうだったっけ、ありゃ何か変だぞという思いが交錯して、何だ、丸子警報機の裁判の教訓が全然生かされてないじゃないか、という思いが頭をよぎりました。
 
 今から10年前の1996年に、非正規雇用の賃金については、正規雇用の八割以下の賃金は公序に反し違法とした丸子警報機裁判の判例があります。だから、正規雇用の半分なんてのは、とんでもない公序違反です。同一価値労働、同一賃金の原則は、まだ死んではないはずです。誰かが埋めてしまった可能性はあるけど、掘り起こせば出てくるのではないかと思うのです。
 まずは、今から10年前は8割が妥当とされていた非正規雇用の賃金が、平然と5割まで落ち込んでいる現実を少しでも考え、変えていかないと、格差社会の是正も始まらないと思うのです。
[PR]
by ende_m | 2006-05-18 02:00 | 雑感

さっそく一票

yahooが、共謀罪の賛否を問うアンケートを始めた。こんなトンデモ法案は絶対嫌なので、さっそく反対に一票を投じてきた。
[PR]
by ende_m | 2006-05-09 00:08 | 雑感

大局的にみると…

日々の忙しさに追われ、ブログの更新もままなりません。
この間にも、世間ではいろんな事が起こっています。
そこで、思うがままに、雑感を順不同で書き綴ってみました。用語や事柄について、細かいリンクを貼る暇もありませんし、細かい説明もしません。わかる人には、わかっている事だと思いますし、興味のある方は調べて見るのも一興かなと思います。

続きを読む
[PR]
by ende_m | 2006-04-26 15:50 | 雑感