風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 「9条を守ろう!ブロガーズ・リンク結成」のTBを戴いた。というか戴いていた。主旨には賛成。ただ、ネットを見ていたら、ここと同じようなタイトルのブログがあるようなので、新参者としては、取りあえずバナーを貼ることに止めておこうと思う。タイトルを、もう一度考えるか?
「9条の会」自体が、啓蒙運動だから意味はあると思う。
[PR]
by ende_m | 2005-12-09 16:53

新入組合員学習会

f0002751_1225377.jpg
 
 今日、某労組主催の新入組合員学習会に参加した。僕ら年寄りは、当然オブザーバー参加だけどね。
 参加者は、入社1年目から3年目の人が多く、30人ぐらいいただろうか。そこで、感じたこだけど、彼らは、学歴社会の競争に打ち勝ち、募集数名みたいな企業に、すごい倍率で勝ち抜いてきた若い人たちだ。でも、実は、苦労して入社したものの、回りを見渡したら、「実は俺たちって負け組みじゃないの?」って思わざるを得ない労働条件に直面したりしてるのだ。某大手企業の経営者が、「我社は、入社10年は、親元か寮生活を前提の賃金体系だから、結婚する人は工夫してもらいたい」なんていうのだから、そりゃたまらんわな。
 ということで、労働組合の前途は明るいなと思いつつ、酒をまたまた飲んでしまったのだね。
[PR]
by ende_m | 2005-12-07 01:23 | 労働組合
 一昨日、企業倫理についてエントリーしたが、11月30日付け読売新聞の「会社有利の誓約書迫る企業続出…情報漏らすと賠償など」という記事を見つけた。ネットで見たら個人情報保護法の目的は、やっぱり、会社情報保護法だった?!や、会社有利の誓約書迫る企業続出で紹介されている。

 この読売の記事によると、「個人情報保護」を名目に、会社に関する情報を外部に漏らした際の賠償責任を一方的に従業員に負わせ、従業員や家族の情報は、会社が自由に利用できる「誓約書」や同意書」の提出を従業員に迫る企業が、4月以降続出しているのというのだ。これが、自民党が進める「新会社法に基づいた、企業の内部統制システム構築」の本質なのだろうか?

 まさに、会社のやりたい放題である。社内メールのチェックもし放題、従業員の個人情報は使い放題だ。さからった従業員は、この「誓約書」や「同意書」をもとに、即刻クビになる。一部企業では、これが、労使協議も無く進められているというのだから、何とも恐ろしい話だ。さすがに、内閣府の国民生活審議会個人情報保護部会でも、「常識的な判断に基づいた明確な指針を部会がしめすべきだ」との意見もでたそうだが、企業倫理以前の問題だ。世の中、杞憂するより、数段先に進んでしまってる。

読売新聞「会社有利の誓約書迫る企業続出…情報漏らすと賠償など」

[PR]
by ende_m | 2005-12-04 19:29 | 政治

企業倫理について思う

 今回の耐震構造偽造による欠陥マンションの問題については、様々なブログで語られている。ここでは、少し視点を変えて、企業犯罪に対するチェック体制と企業倫理について、考えてみようと思う。

 先日の朝日新聞にも報道されていたが、第162回通常国会で成立した「新会社法」について、11月28日法務省は、12月28日までの期間で、この「新会社法」の法務省令に対するパブリックコメントの募集を開始した。これは、来年の施行を前に、法務省に委任された11項目についての、意見募集という形になるのだそうだ。成立された新会社法については、書店やインターネットで調べられるので、ここでは触れないが、この、概要を見て「あれっ?大丈夫か」と思うところがあった。

続きを見る
[PR]
by ende_m | 2005-12-02 13:51 | 日記
 11月30日、やっと2005年度版「芸能実演家・スタッフの生活実態調査」が、芸団協の公式サイトで発表された。芸能家・スタッフの生活実態調査は、5年に一度、芸団協独自の取り組みとして行われてきたが、今回、初めて文化庁の予算がつけられたことで、公式な調査といえるものになった。
 11月1日にプレスリリースされ、2日に芸能花伝舎で説明会が行われていたが、概要について、一般が見られるようになったのは、30日からということになる。
 今回の調査の中で、公的に初めてアニメーションスタッフの実態調査が行われたことで、10月31日の読売11月1日のしんぶん赤旗にも取り上げられていた。

 世界中から注目を集め、コンテンツ輸出産業として期待される日本のアニメだが、それを支えるスタッフの生活実態は悲惨なものだし、この実態を放置しとくならば、日本のアニメ文化は衰退するだろう。産業構造そのものの問題だ。
 このことについては、また後日、エントリーしたいと思う。
[PR]
by ende_m | 2005-12-01 11:42 | 日記