風の吹くまま、日々の雑感を記録しとこうか程度の日記です。誹謗中傷や個人攻撃&個人の信用にかかわること、理解を求めない一方的なコメントは、独断で削除することもありますし、閉じることもあります。


by ende_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
 このブログを立ち上げて半年がたつ。基本的に気をつけてきたことは、タイトルから、検索に引っかからないようにしてきたことだった。では、なんでブログなんてものをやるのかと問われると、「別に良いじゃないか」と開き直るしかない。

 ブログは、自分の感じたことを書き留める手段としてのツールであるとともに、地べたからの繋がりを見つける手段ではないかとの思いもあった。だから、このブログを立ち上げる以前から、お邪魔していた人たちや、その後知り合った人たちとの、草の根的なつながりが出来ないものかとの思いもあった。

 出来れば、知る人ぞ知るみたいな「粋で美味しいお店」を目指したいと思ったりするのだけど、実際は難しいですな。
[PR]
# by ende_m | 2006-04-21 01:08 | 日記
f0002751_23545991.jpg

 4月12日、メディア開発総研の主任研究員である菊池実さんの「映画界のこれからを予測する」という講演会に参加した。
 この講演会は、映演労連という労働組合の主催で行われたものだが、テーマがテーマなので、組合員に限らず広く呼びかけられて行われたものだった。
 菊池実さんは、電通出身のマーケティングのプロだ。しかも、今から11年前の1996年4月に行われた、当時の映演総連の96決起集会で、「こうすれば映画人口を2倍に出来る」という講演を行った経緯がある。あれから、10年、映画界はどう変わったのか、これからどう変わっていくのか?素人の私でさえ、興味津々になるタイムリーな企画だ。聞き逃す手はない。

続きを読む
[PR]
# by ende_m | 2006-04-14 23:58 | 日記
f0002751_041128.jpg

 昨年から、今後の輸出産業として期待の高まるコンテンツビジネスについて、経産省を始めとする政府のコンテンツビジネス推進政策が、如何に現場の実態と乖離して進められているかを、こことかここで取り上げてきた。
 気がつかなかったのだが、この間ネットを見てたら、2月20日、政府の諮問機関であるデジタルコンテンツ専門調査会デジタル・コンテンツワーキンググループが、「デジタルコンテンツの振興戦略(案)」を出していることを発見した。
 その振興戦略(案)は、「日本を世界トップクラスのデジタルコンテンツ大国にする」という基本目標を掲げ、目標1として、ユーザー大国を実現する。目標2として、クリエーター大国を実現する。目標3として、ビジネス大国を実現する。としている。
 ここで、この戦略案に注目したいのは、具体策にある(提言6)のクリエーターが適正なリターンを得られるようにする。というところにある。

続きをよむ
[PR]
# by ende_m | 2006-04-07 00:39 | 日記

デモとパレード

f0002751_215141.jpg

 フランスでは、若年層の解雇自由反対、ロスでは新移民法に対して大規模なデモが行われてる。昨日は昨日で、全教と日教組が合同で、教育基本法に対して国会請願デモを行ったそうな。これも社共共闘の流れの一つと思うと、ちょっとうれしかったりする。
 最近は全労連もデモとか言わず、パレードなんちゅう軟弱なことを言っているので、デモとパレードについて書き留めておこうと思う。

デモ=デモンストレーション [demonstration]
(1)威力・勢力・技能などをことさらに示すこと。
(2)政治的意思表示の一つとして行われる大衆的示威行動。特に、要求実現の圧力を加えるた  めに行われる集団的街頭行進。

パレード [parade]
祝賀や催し物の時などに、行列を整えて行進すること。また、その行進。 「優勝チームが市内を―パレード―する」

 だからニューヨークでは市議長の聖パトリック「パレード」参加拒否に抗議する「デモ」が行われたりする。

団体交渉って英語では
コレクティブ・バーゲニング[collective bargainning]
って言いますね。つまり「集団(の労働力)の売買交渉」。


 やっぱり、ストライキは「労働力の売り止め」なんだと、改めて思うけど、これも語感としては、イマイチですね。
[PR]
# by ende_m | 2006-04-01 09:50 | 日記
 3月11日に、4月からスタートする「高齢者雇用安定法」の記事を書いたけど、こんな企業があることに、ビックリだね。再雇用を望む人の退職金の減額がセットなんていうのは、労組から「火事場泥棒」呼ばわりされるのも、無理はないと思う。退職してからの再雇用なんだから、退職金は平等に支払うべきでしょう。
 だいたい、規制緩和、経済のグローバル化を推し進め、企業の決算を国際会計基準にした時に、退職金については100%積み立てることになったはずだし、そのときに401Kとか騒がれていたのを忘れたんですかね。
 こんなことを許していたら、その内「退職金」が企業経営を圧迫するなんて以前に、従業員に賃金を払っていると、経営が立ちいかないので、タダで働いて欲しいなんていう経営者が出てきそうだね。
[PR]
# by ende_m | 2006-03-24 18:26 | 労働組合